坐骨神経痛の原因としてよく挙げられる『梨状筋』。
病院で『梨状筋症候群』と診断された方もいらっしゃると思います。
今回はその梨状筋について書きたいと思います。
 
rijoukin
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

梨状筋症候群とは

梨上筋の下を通る坐骨神経が、打撲や筋肉の緊張などにより圧迫されて、
お尻から足にかけて痛みや痺れを伴うことです。
・お尻の裏側にピリッとしびれがある
・太ももの裏側にピリッとしびれがある
・鋭いしびれ、ビリビリするしびれ、灼熱感などを感じる
このような症状が発生します。

発生原因は?

・お尻の打撲や股関節捻挫
・座る時間が長い為に、お尻を長時間圧迫している
・お尻の筋肉の慢性的な疲れ
これらが考えられますが、多くの場合原因が無く発症し、
徐々に悪化いくことが多いということです。

主な治療法

・抗炎症薬などの内服薬や湿布
・ブロック注射
・ホットパックなどの温熱療法
病院ではこれらの治療法などが行われます。

神経の圧迫が原因ではないかもしれません

「梨状筋症候群」は坐骨神経の圧迫と考えられていますが、
多くの場合神経ではなく、筋肉のトリガーポイントによる関連痛で
あることがあります。
梨状筋だけでなく、小殿筋等のお尻の筋肉の関連痛から脚の広い範囲に
症状が現れます。
トリガーポイントについてはこちら
梨状筋の関連痛はお尻の痛み、仙腸関節の痛み、太ももの後ろの痛みを
引き起こします。
放っておくと、周りのお尻の筋肉も関連痛が生じ始め、痛みやしびれの
範囲が広がっていきます。
 
坐骨神経痛、梨状筋症候群と思ったら、我慢せずに
早めに受診しに行きましょう!
放っておくと余計に悪化してしまいますよ!
 
横浜市戸塚区品濃町543-4
アールアンドアールビルⅡ2-C
東戸塚 あすなろ接骨院 Tel:045-826-1245
ホームページ:http://asunaro-yokohama.com/
エキテン:http://www.ekiten.jp/shop_2914064/


この記事をシェアする

関連記事