腰痛も坐骨神経痛も症状の総称であって、病名ではありません。
坐骨神経痛の症状についてはこちら

腰痛とは

腰痛とは読んで字のごとく、腰に痛みを感じること。
腰痛の多くが病院にいっても、原因不明と言われて、「様子を見てください。」と、
湿布や痛み止めの薬を処方されて終わりということになります。
ギックリ腰のような急性の腰痛で、数日すれば痛みが無くなることもあれば、
腰の痛みが長い間続き、痛みが引かない慢性の腰痛があります。

急性腰痛

突然の強い痛みや、動けなくなるほどの強烈な痛みに襲われます。
●ギックリ腰
通称「魔女の一撃」。
慢性的な筋肉の疲労により、腰の筋肉に負担がかかり、
ふとした瞬間に「ビキッ!!」とするどい痛みが走ります。
重いものを持った時よりも、下に落ちている紙を拾おうとした時や、
ふと振り向いた時に痛めることが多いです。
●腰椎の圧迫骨折
尻餅をついた時に、腰に激痛が走ったというときには、圧迫骨折も考えられます。
トランポリンでお尻から落ちて腰を痛めて、「ギックリ腰」かと思って病院に行ったら、
「腰椎圧迫骨折」だったという方が以前いらっしゃいました。
●内臓の病気
尿路結石や胆石症など、内臓の病気から腰痛が生じることもあります。
安静にしても、どんな姿勢になってみても痛みが軽くならない場合、
内臓からの腰痛かもしれません。

慢性腰痛

痛み自体はさほど大きくなくても、鈍痛がいつまでもしつこく続き痛みます。
ずっと座っていると痛くなったり、立っていると痛くなってくるなど、
人によって症状も様々です。
●腰に負担をかける生活習慣
座っているときに背もたれにだら~っともたれ掛かりっぱなしなどの、
変な姿勢を長時間続けていたり、仕事で重いものを繰り返し持ち運ぶなど、
腰に負担の掛かることを繰り返しする事で、腰に負荷が掛かり続けます。
そうなることで、回復する前に痛め続けられるので、
どんどん症状が悪化し治るのに時間がかかるようになります。
●精神的ストレス(心因性腰痛症)
ストレスにより自律神経が影響を受け、交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。
そうなると、筋肉が縮み、血流が悪くなり、筋肉が酸素の欠乏状態になり痛みがでます。
また、痛みを緩和させるホルモンの分泌も少なくなることで、さらに痛みを感じやすくなります。
痛みがさらなるストレスになる事で、さらに痛みが生じるという悪循環となってしまいます。

坐骨神経痛と腰痛

腰痛の原因になるといわれるヘルニアや脊柱管狭窄症、
すべり症などは坐骨神経痛の原因にもなります。
(坐骨神経痛の原因はこちら)
腰痛と坐骨神経痛の違いは、腰痛は腰周辺にのみ痛みや重さがあります。
坐骨神経痛は、お尻や下肢にしびれや痛み、ツッパリが出てきます。
ただ腰痛を放っておくと、痛む範囲が腰だけだったのが、お尻も痛みはじめ、
やがては足先までしびれや痛みがでて坐骨神経痛となることがあります。
腰痛だからといって甘くみずに症状の軽い内に対処するのがベストです。
腰痛も坐骨神経痛も多くはトリガーポイントの様な筋肉からの痛みがほとんどです。
ヘルニアや脊柱管狭窄症などの構造的な病気の診断をされた方でも、
身体のバランスを整え、特定の筋肉に掛かっていた負担を取り除けば、
症状が良くなっていく方が多くいます。
 
腰痛・坐骨神経痛でお困りの方はお気軽にご相談下さい!
横浜市戸塚区品濃町543-4
アールアンドアールビルⅡ2-C
東戸塚 あすなろ接骨院 Tel:045-826-1245
ホームページ:http://asunaro-yokohama.com/
エキテン:http://www.ekiten.jp/shop_2914064/


この記事をシェアする

関連記事