こんにちは。

あすなろ整体院

院長 登倉です。

 

施術の際、患者さんに

質問される事で

かなり多い質問が、これです

 

『ギックリ腰って、

重い物を持つとなるんですか?』

 

せっかくなので

(ネタが無いので)

簡単に記述したいと思います。

 

 

重い荷物が悪いのか?

 

確かに、重いものは

腰に負担が掛かります。

 

・お米の袋10キロ

・ペットボトル1ケース

・寝ちゃったお子さんの抱っこ

これらは重い物の典型的な例ですね。

 

 

では施術に来られた方が

みんなこれらで腰を痛めたか?

 

そんな事はないのです。

 

こんな時に痛める事例

 

では、腰を痛めたのは

どんな時でしょうか?

 

実は

 

大したことない動作の時』

 

でギックリ腰が多いのです。

 

例えば

・エアコンのリモコンを取ろうと屈んだ

・テーブルの向こう側のティッシュを取るのに、体を捻った

・バスタブを洗う時にしゃがむの面倒で、中腰で洗った

(こうやって、ちゃんと洗いましょうね)

 

とまあ、こんな感じです。

 

普段何気なくしている動作なのですが

こういった所に危険が潜んでいます。

 

 

なぜギックリ腰になったの?

 

実は

“重たい物を持ち上げる”

“負担が掛かりそうな動作をする”

 

このような時は

「前もって身構える」

「先に準備が出来ている(心も体も)」

 

ので、意外と大丈夫な事があるのです。

 

しかし前述のような

“ティッシュをつまむ”

“リモコンを取る”

などは

 

普段、何の意識も無く

チャチャっとやっている事なので

動作に「無警戒」なのです。

 

ここに危険が潜んでいて

ふとした瞬間に

「グキ」っとなるのです。

 

どう気をつければ良いのか?

 

特に腰が疲れている時や

背中が張っている時に

荷物を持つ時は

 

「ちゃんと体勢を作って

持つようにしましょう」

 

掃除などの際は

 

「面倒でも、作業しやすい

姿勢を取りましょう」

 

あとは月並みですが

時々“ストレッチ”で体をほぐしましょう!

 

 

最後に

 

マッサージや整体を受けて

体のお手入れをするのもお勧めです!

 

 

・疲労感を軽くしたい

・腰がいつも痛だるい

・姿勢が悪くなったと言われた

 

このようなお悩みは

体の調整を専門にしている

当院へお気軽にご相談ください。

 

 

良い姿勢を取り戻す専門家

腰痛・肩コリの再発から
あなたを守る

 

 

あすなろ整体院

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をシェアする

関連記事