「腰痛」といっても、痛みや症状は人それぞれです。

 

腰痛イラスト

 

 

 

 

 

当院へ腰痛のご相談に来られる方も

筋肉性の腰痛の方もいらっしゃれば

何年も前に椎間板ヘルニアの手術をされた方など

症状は様々です。

 

最近、患者様のお問い合わせの中で

増えているのは、年配の方の

『脊柱管狭窄症』の羅患率です。

 

TVなどでも取り上げられるこの

『脊柱管狭窄症』について

簡単に記述したいと思います。

 

脊柱管って何?

脊柱管という管が入っている訳ではありません。

 

背骨の中を神経の束が通り、背骨の隙間から

神経が腕や足へと伸びていきます。

 

この神経の治まっている部(通路)が

【脊柱管】とイメージしてください。

 

その脊柱管は、

前方を「背骨(椎体)後面」「椎間板」

後面を「黄色靭帯」

左右を「椎弓板」

で構成されています。

 

神経は、この【脊柱管】を通っていますが

この時に脊柱管の形状の阻害が起きると

(椎間板の変形・変性)

(黄色靭帯の肥厚)

(椎体の変位・ずれ・変形)

984484beceb2278c68b5447937fcb847_t

 

 

 

 

 

脊髄神経や末梢神経が圧迫され

「腰痛」「足の知覚異常・しびれ」

などが出現します。

 

このような症状を【腰部脊柱管狭窄症】と言います。

 

代表的な症状

主な症状としては腰痛のほか

足のシビレ、筋力低下などがあり

 

神経症状によっては「排尿・排便障害」

などもあげられます。

 

特に代表的なものとして

【間欠跛行(かんけつはこう)】があります。

 

これは、歩行時に腰部に負荷が掛かると

その部で神経が圧迫され、腰や脚に

痛みやシビレが起きて、歩行が辛くなります。

腰痛シルエット

 

 

 

 

 

 

椅子などに座ったり、しゃがんで休憩したりして

腰部の負荷・緊張を緩和させていると

神経の圧迫が解放され、また歩行出来るようになります。

 

この「姿勢を変えると楽」や

「歩行より自転車の方がラク」は

管狭窄症の患者さんに良く言われます。

 

実際の診断はどうするか

「脊柱管狭窄症かな?」と思ったときは

まず整形外科を受診しましょう。

 

医師の診察で問診時に

「痛くなるまでの距離」

「症状の出る部位」

の他

 

「筋力検査」「知覚検査」

などが行われます。

 

また、最も有効な診断として

【MRIによる検査】

があります。

download

 

 

 

 

 

この画像診断にて、狭窄箇所の有無や

狭窄の程度を確認できます。

 

もしペースメーカーを使用していたり

人工関節などで体に金属が入っている場合は

CT検査などになります。

 

狭窄症の治療法

ある程度の距離を歩けたり、日常の動作に

支障が少ない場合は

コルセット使用で患部の安静や

筋緊張の緩和の施術

鎮痛薬の使用などを行い

eeb34b172919b04c95f861ce891e84f9_t

 

 

 

 

 

 

症状が強い場合には、神経へ痛み止めの注射

(ブロック注射)を行います。

 

さらに症状が進行してしまったり

下肢の麻痺が進行した場合や、歩行障害が

強くなった場合などは

神経の圧迫を取り除く手術の選択もあります。

 

一気に手術適用の症状に進む事は

ありませんが、初期の状態で放置する事は

お勧めできません。

 

専門医へ相談したり、最寄の治療院へ行き

体の状態をチェックしましょう。