ゴルフのプレー中

もしくは翌日に、次のような

症状が出ることはありますか?

 

・肩甲骨の内側が痛い

・首すじが張る

・四十肩のように肩を動かすと痛い

8e11ee6464e902f0652cfdc31a15fcb5_t

 

 

 

 

 

 

このようにゴルフの後で

肩に症状が起きる場合

 

「ゴルフ肩」

別名『スウィングショルダー』

かも知れません。

 

今回は、ゴルフをされる方で

お悩みの多い「ゴルフ肩」について

記述していきたいと思います。

 

ゴルフ肩の症状とは?

主な症状としては

「テイクバックの時に左肩が痛くなる」

と言う方が多く、その次に

 

「フィニッシュの際に、右肩が痛くなる」

という方もいらっしゃいます。

 

右へ捻る“テイクバック”動作では

【左・肩甲骨】は外側へスライド移動し

【左・肩関節】後方の筋肉は伸展されます。

 

と同時に、肩の前面の筋肉は

後方とは逆に「収縮」していきます。

 

テイクバック時に掛かる負荷

「後方の筋肉=伸展」

「前方の筋肉=収縮」

この時に、さらに無理をして肩を

大きく動かそうとすると

 

後方の筋肉は過度に引っ張られ

前方の筋肉は過剰に収縮することになります。

 

次に、ボールを打つための

「ダウンスイング」への切り替わりにより

伸展していた筋肉は急な収縮を始めます。

今までの筋肉の作用が逆転するのです。

 

このように、スイング中に起きている

肩周囲の筋肉への「伸展」と「収縮」の

連続的負荷により、筋肉・腱に損傷が起き

 

「ゴルフ肩」スウィングショルダーと

なるのです。

 

さらに気をつけておきたいこと

ゴルフは飛距離も魅力のスポーツです。

どうしても遠くへ飛ばしたくなるので

無理なフォームになってしまいます。

 

・体を目いっぱい捻転させようとする

・トップの位置(腕の位置)を高めにする

 

スウィング時に、このような動きは

腕や肩の周囲の筋肉をさらに緊張させ

負担を掛けてしまいます。

 

筋肉バランスが崩れた状態でスウィングすると

肩関節の筋肉・腱・靭帯に過度の負担が掛かり

ゴルフ肩の悪化も懸念されます。

 

ゴルフ肩の予防の為には

 

ゴルフ肩の発生要因は

「無理のあるスウィング」を

繰り返す事によります。

 

よって「正しいスイング」を心がければ

痛みは起こりません。

3e7e110c810b37204f604f9b1a32b897_t

 

 

 

 

 

 

「ゴルフ肩=間違ったスウィング」と

言えるのかも知れません。

 

さて、症状の改善には

「ストレッチ」が有効なのですが

 

ストレッチする筋肉を間違えると

逆に症状が悪化する可能性もありますので

注意が必要です。

 

ストレッチする筋肉は【大胸筋】です。

ゴルフ肩の場合は、大胸筋が収縮して

緊張している場合が多いので

プレーの前後に大胸筋をストレッチするのが効果的です。

 

つい肩甲骨や、肩の痛む所を伸ばしたくなりますが

痛みは「筋肉が伸展されて」起きています。

さらにストレッチる事は逆効果になりかねません。

 

 

心がけるのは正しいスイング

今は肩が痛くなくても

下記のような人は注意が必要かもしれません。

 

・猫背気味で姿勢が悪い

・体が硬く、特に肩甲骨や股関節が硬い

・体の捻転を使わないでスウィングしている

7eff9f69e7e861bc7b19a305b504af65_t

 

 

 

 

 

 

スウィングフォームによって

肩が痛くなることから

 

肩関節に負担の掛からないスウィング

=「正しいスウィング」

を心がけると良いと思います。

 

良く言われるのは

下記の様なアドバイスです。

 

①グリップする力を抜く

グリップが強かったり、手首に力が入ったりすると

【ゴルフ肘】の発症にもつながります。

 

力むとスウィングがスムーズにならず

かえって身体を捻ったり、肩で振りにいく事で

ゴルフ肩発症のリスクが生じます。

 

②無理にトップを高くしない

手の位置「トップ」を高く持って行こうとすると

左腕を強く押し込みがちになります。

 

その結果、左肩周囲の筋肉に負荷が増えたり

肩甲骨と首をつなぐ筋肉への負荷となって

痛みを生むことにもなります。

ゴルフ

新規コメントの書き込み