ゴルフは、野球やテニス、バスケットボールのように

ダッシュをしたり
(下手な僕は、ボールの行方に右往左往しますが)

 

ラグビーやサッカーのように他の選手と

ボディコンタクト(接触)することはありません。

 

しかし、実際はゴルフで

体を痛めてしまう方が

意外と多く来院されるのです。

ゴルフ

 

 

 

 

 

 

今回は、ゴルフで負傷しやすい部位
その注意点等を記載したいと思います。

 

ゴルフでケガをしやすい部位は?

ゴルフで怪我のリスクがある部位は

 

「ほぼ全身」と言ってもいいでしょう。

 

クラブを振るために、両腕はもちろんですが

頚部、肩関節、肘、手首

そして背中、腰など

 

多くの部位に、常に怪我の

リスクがつきまといます。

 

特に下記は、怪我をしやすい

「注意」したい部位になります。

 

頚部・上背部

ゴルフのアドレス(構え)では

『ボールの上に、頭がくるように構える』

というのが基本になるようです。

 

(僕は初心者すぎて、この辺が・・難し・・)

 

このアドレスをすると体は『前傾姿勢』になります。

7eff9f69e7e861bc7b19a305b504af65_t

 

 

 

 

 

 

すると上半身でも重い部位である

『頭部』が前に移動し、不安定になるので

頚部や、その下の肩甲骨に掛かる負担が大きくなり

痛めやすくなってしまいます。

 

また、神経の集中する「頚椎」部位の故障は

「頚椎・椎間板ヘルニア」などを起こし

痛みや手・腕の痺れにつながることもあります。

 

特に「フルスイング」の際は

力んでしまい、頚部や肩周辺の筋肉を

痛めやすいので注意が必要です。

 

肘関節・手関節

クラブでボールをインパクトした際

その衝撃は手首から腕へと伝わります。

download

 

 

 

 

 

 

特にダフった時(地面を叩いた時)は

通常のインパクト時より強い衝撃がくるため

関節に炎症を起こす場合もあります。

 

もしかすると肘や手首は、ゴルフで

最もケガしやすい部位かも知れません。

 

関節の痛みなどに応じてテーピングや

サポーターを使って、インパクト時の衝撃を

少しでも緩和させた方が良いでしょう。

 

背部・腰部

ゴルフは、スイングを行うたびに

上半身を強く捻転させます。

 

特にドライバーショットでは、出来るだけ

飛距離を出したいために、体をより強く捻転させて

フルスイングしてしまいがちです。

3e7e110c810b37204f604f9b1a32b897_t

 

 

 

 

 

このスイング時に体を強く捻ることで

背中や腰を痛めてしまうことがあります。

 

また、意外と多くみられるのが

体を思いっきり捻った際に、肋骨に

ヒビが入ってしまい、痛めるケースです。

 

元々腰を痛めている方の場合は

スイング時の反動で「ギックリ腰」を

起こすこともあります。

 

しっかりとストレッチを行ってからラウンドに臨んだ方が良いでしょう。

 

ゴルフのプレー前に「ストレッチ」を

ゴルフは前述のとおり、他のスポーツと異なり

ダッシュやジャンプなど派手な動きが無い分

ストレッチを省いてしまう方が多いようです。

 

ラウンド前は、しっかりと

ストレッチを行うようにしましょう。

 

事前にストレッチで体をしっかり動かすことで

筋肉の血行を促進し、体温を上げておくのも

ケガの予防に繋がります。

ストレッチ中

 

 

 

 

 

首、背中・腰、肩・手首、アキレス腱など

プレー中に負担の掛かる所は

ちゃんと動かしておきたいところです。

 

また、ストレッチによって

関節の可動域が広がることで

スコアアップに繋がる可能性もあります!

 

スタート前のストレッチは

怪我予防とスコアアップの

「一挙両得」になるかも知れません。

ゴルフショット

 

 

 

新規コメントの書き込み