当院で、腰痛の問い合わせに

次いで多いのが

「肩の痛み」です。

 

特に深刻なのが

「上着の脱ぎ着が辛い」

「頭を洗えない」

など、肩が痛くて動作に

制限が出てしまうものです。

 

このような症状は、ぞくに

『四十肩もしくは五十肩』と

呼ばれています。

 

ffcf5ee521e498d2f5e54270d3a0e3c2_t

 

 

 

 

 

 

今回は、この肩の症状

『四十肩・五十肩』について

記述していきたいと思います。

 

四十肩って何ですか?

四十肩(五十肩)は、正式名

【肩関節周囲炎】と言います。

 

40~50歳代になりやすいので

俗称:四十肩(五十肩)と言われています。

 

四十肩は通常の肩こりとは異なり

肩関節を動かす時に激しい痛みを生じます。

 

例えばシャツを着たり脱いだりする動作や

女性の場合ですと、頭の後ろで髪を結ぶ動作や

エプロンなどを後ろで結ぶ動作などが

苦痛になる事が多いです。

 

前兆として、特に心当たりが無いのに

肩に痛みや違和感を覚えることがあります。

 

そしてある日、突然、肩関節に

激しい痛みやしびれが起きて発症します。

 

四十肩になると、着替えの際や

物を持ち上げようとした時などに

激痛が起き、以降、肩を動かすたびに

痛みに悩まされる場合が多いようです。

8e11ee6464e902f0652cfdc31a15fcb5_t

 

 

 

 

 

8e11ee6464e902f0652cfdc31a15fcb5_t
また症状は利き腕にも関係なく

左右どちらの肩にも起こる可能性があります。

 

やっと片方が良くなったのに

もう片方が痛くなる・・そんな例もあります。

また肩の痛みの強い時は、炎症が起き

腱とその周囲が癒着を起こしていると

関節の動きが悪くなります。

この場合、夜、寝返りをうつ際に

痛んで目が覚めることもあります。

 

その後、炎症が治まってくると

痛みは軽くなります。

肩の動きが戻るまでは

約半年から1年かかる言われています。

 

四十肩と似ている症状として

【腱板損傷】

肩関節の深層にあり、肩関節の

動きを安定させ、外れないように

作用するのが『回旋腱板』です。

 

『棘上筋』『棘下筋』

『小円筋』『肩甲下筋』

の4つで構成されています。

 

この肩関節の『腱板』が損傷された状態を

【腱板損傷】と言います。

 

原因としては肩の打撲

転倒時に手を着いた外力

スポーツ時の外傷

などにより発生する場合の他

 

加齢的な変化に、肩の酷使が加わり

発生する場合があります。

 

【肩峰下滑液包炎】

肩関節内には、関節の潤滑に使われる

滑液が入っている『滑液包』があり

 

肩関節の外端である『肩峰』の下で

滑液包が炎症を起こした状態です。

 

四十肩の前段階とも言えるのですが

ある程度の肩の可動性があるため

運動制限の強い四十肩とは区別されます。

 

 

次回は、四十肩・五十肩の

施術やセルフケアなどについて

記述したいと思います。

 

 

 

 

新規コメントの書き込み