患者様によく聞かれることに
「腰痛の原因は姿勢が悪いからでしょうか」

「姿勢を正しくしてる方が良いのでしょうか」
 という事があります。

417e89d98309f252db0ebe9bfdf0fb68_t

 

 

 

 

 

 

いや、ほとんど聞かれます。

これは、ある意味で正解と思います。

 

と言うのも、バランスの悪い姿勢は

確かに腰に負担がかかるという事があります。

 

ですが『姿勢が悪い=腰痛になった』

と必ずしも言える訳ではないのです。

 

姿勢が悪いのは
「常に姿勢を気を付けていない」からと

考えてしまいますが

 

“気をつけていない”のではく

人はみな、楽な姿勢を選択するのです。

そのほうがストレスが少ないからです。

 

姿勢を崩してしまう場合は、こんな時

例えばギックリ腰になってしまった場合

無意識に痛みがない姿勢になろうとします。

 

僕らは『疼痛回避姿勢』と呼びますが

その姿勢を選択することで、痛みという

ストレスを受けないようにしているのです。

 

他の例ですと、座った時に“足を組む”という方も

大腿部の筋肉の緊張や負荷が楽になるように

無意識に、もしくは意識して行っているものです。

悪い座り姿勢

 

 

 

 

 

つまり『姿勢が悪い』ほうが、実は

身体への負担やストレスが少ないため

無意識のうちに姿勢を崩しているのです。

 

言い換えれば『悪い姿勢こそ、楽だ』という場合に

姿勢を正しくしたら、かえって身体の負担になり

痛みが増加する事も考えられるのです。

 

その姿勢には原因がある

つまり、姿勢が悪いのにも
何かしらの原因があるのです。

 

それが筋肉の緊張や疲労蓄積であれば

それらを解消する必要がありますし

 

傷めた関節や筋肉を「かばう」為であれば

先に負傷箇所をケアする必要があります。

 

まず先に姿勢が悪くなっている原因を見つけ

それらを改善させることが、普段から

姿勢を気を付けることよりも大切です。

 

また、その方が身体にとっても回復が早く

結果として痛みの出にくい姿勢を構築できると

考えています。

 

自然にしている姿勢=身体の状態

つまり、普段している姿勢は

自分にとって「負担のない」

姿勢と言うことです。

 

無意識に足を組んでいたり

気付いたら猫背になっていたり

片側の足に重心をのせて立っていたり

 

そんな時は、あなたの身体のバランスが

崩れているサインかも知れません。

 

上記の様な姿勢に気がついたときは

無理矢理に姿勢を正しくするよりも

 

まずは身体の疲労やこわばりなどに気を向けて

疲弊している筋肉を緩めてみてください。

ストレッチ男性

 

 

 

 

 

 

そのほうが自然と良い姿勢になり

良い姿勢も保ちやすいと思います。

新規コメントの書き込み