腰痛になった際、ふとした姿勢のとき

あるいは何気ない動作の時

腰からお尻の奥、さらに太ももから足首へと

『ビシッ』と強い痛みが走った事はありますか?

 

臀部痛

 

 

 

 

 

 

また、お尻から向こう脛やふくらはぎに

『ズーン』『ビーン』と響くような痺れを

感じることはありますか?

 

このような症状が頻繁に起きる場合

いったいどんな症状が考えられるのでしょうか

 

 

よく聞く“坐骨神経痛”とは?

座骨神経痛は、痛みや痺れの症状に対する

俗称の様なもので、文字通り「坐骨神経」が

傷害されて起きる症状です。

 

坐骨神経は、腰椎の4,5番目の神経と

仙骨の神経からなる太く長い神経です。

 

骨盤下から「梨状筋」という筋肉の下を通り

大腿部の後面を下行していきます。

そして膝の裏で総腓骨神経、脛骨神経に分かれます。

rijoukin

 

 

 

 

 

 

この神経のルートに沿って神経が圧迫されたり

筋肉に絞扼されて障害されると痛みやしびれを起こします。

 

坐骨神経痛と関連する症状など

坐骨神経痛を引き起こす主な症状には

「梨状筋症候群」「腰椎 椎間板ヘルニア」

そして「腰部脊柱管狭窄」があります。

 

椎間板ヘルニアや梨状筋症候群は、比較的若い世代でも起こります。

 

梨状筋症候群

お尻の深部にある筋肉で、お尻を横切るように走行しています。

この梨状筋の中を通っている坐骨神経が圧迫されて起こる痛みを

【梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)】といいます。

 

運動などによって炎症などを起こすと坐骨神経を刺激して

痛みを生じることがあります。

梨上筋症候群

 

 

 

 

 

 

また、逆に長時間のデスクワークで座りっぱなしなど

同じ姿勢をとり続けた場合にも、臀部の梨状筋が圧迫され

症状を起こすことがあります。

 

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板は、腰椎同士の間に介在する軟骨で

クッションのような役割をします。

その椎間板が圧縮され、なかから【髄核】が突出し

神経を刺激すると痛みが起こります。

椎間板ヘルニアは、20~30代の若年層でも少なくありません。

激しいスポーツや、負荷の掛かる仕事などで、腰に

慢性的な疲労が蓄積したり、強い荷重が加わったりする事で

腰椎が圧迫されることがあるためです。

a28975061a227b000ed369aa435b035d_s

 

 

 

 

 

中高年の場合には、筋力低下による姿勢の悪化や

運動不足による体の柔軟性の低下等で、椎間板の

柔軟性が少しずつ落ち、髄核が突出しやすい状態となります。

 

ただ、高齢者の場合、椎間板の水分が減り

椎間板が硬化すると、髄核が突出できず

ヘルニアにならない、という説もあります。

 

椎間板ヘルニアの症状は少し前から

軽い痛みや痺れを感じている場合が少なくありません。

そしてある時、急に症状が強くなるのです。

 

脊柱管狭窄症

最近、当院を受診される中高年の方が

よく病院で診断されているのが

【脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)】

だと思います。

 

「脊柱管」というのは、背骨(脊椎)の中を通る神経の事です。

加齢に伴い、脊柱の椎間板や靭帯などが変形しやすくなります。

すると脊柱管に圧迫が起き、それが神経を刺激すると

痛みやしびれが現れるようになります。

脊柱管狭窄症には特徴的な症状があり

『間歇(かんけつ)歩行』と言います。

 

これは歩いていると徐々に痛みやしびれが出始め

5~10分休むと楽になってまた歩ける・・・しばらくすると

再び痛みが出始める・・・そのくり返しになります。

 

また人によっては「つまずきやすい」

「階段を上りにくい」といった症状が出たり

 

狭窄が起きている部位によっては

「尿が出にくい」などの排尿障害が起こることもあります。

こういった場合は医師の受診をお勧めします。

 

新規コメントの書き込み