FXS_4375

 

 

 

 

 

 

 

 

良い姿勢を取り戻す専門家

腰痛肩コリの再発から
あなたを守る

 

あすなろ整体院

院長 登倉です。

 

8月に入ると同時に梅雨明けし

いきなり「夏全開!」

猛暑に突入しました。

 

日中の気温が30度以上になり

エアコンもフル稼働すると思います。

 

そこで気をつけたいのが

冷風が身体を冷やす

「クーラー病」です。

 

特に背中や腰が冷え

『ギックリ腰』

になる方が意外と多いのです!

download

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜギックリ腰になるのか?

簡単に解説しようと思います。

 

その1.血行不良

冷房の風が当たることで

身体の表面が冷やされます。

 

運動中なら問題ないですが

デスクワークなど、同じ姿勢で

動きの少ない状態では

 

毛細血管の血液循環が

悪化します。

download

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして血行不良に陥った筋肉は

伸縮しにくい状態となります。

 

そして不意の動作の際、例えば

「急にイスから立つ」

「身体を捻る」

などの動作に筋伸縮が追いつかず

 

結果として筋線維を傷める事となり

『ギックリ腰』になります。

download

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場合は

『体を冷房から守る』

対策を取るようにします。

 

・直接、冷風を身体に浴びない

・上着やブランケットを羽織る

・汗をかいたままにしない

 

そしてどの状態でも言えることですが

「同じ姿勢をとらず、時々体を動かしてみる」

ようにして、筋肉の伸縮を促しましょう。

download

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その2.冷たい物の摂りすぎ

これだけ暑いと、ついつい

「冷たい飲み物・食べ物」

多くしがちです。

download

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、冷たい物が多いと

お腹の筋肉(特に深部の腹筋)や

内臓を冷やすことに繋がります。

 

この体の深部の冷えと

深部の筋肉の硬さにくわえ

先にも書いた“血行不良”が重なると

 

結果として腰痛「ギックリ腰」

原因になってしまいます。

8b7f5230cb9a603a1e965c89c2a0400c_t

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場合は

『冷たすぎない飲食物』

『暖かい食事』

を選択して対策します。

 

日中は気温も高いので

どうしても『冷たい物』が

欲しくなりますが

 

あえて氷を抜いたり

冷蔵庫から出してから

少し置いたりして

飲み物の冷えすぎを避けましょう。

 

また食事の際にはメニューに

【暖かい汁物】などを加えましょう。

download

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内臓の冷え・疲れも予防できて

一挙両得です!

 

また暖かい食事を摂ると

汗をかきますので

そのまま冷房に当たると

体が冷えますので、注意してください。

 

最後に

FXS_4413

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛は

『寒さで起きる』

『冬に多い』

イメージがあるのですが

 

冷房の影響もありますし

飲食物でも影響を受けます。

 

クーラーを使用しないのは

【熱中症】のリスクが高まり

推奨できません!

 

冷房も使用しつつ、体の

“冷え過ぎ”に気をつけて

この夏を元気に過ごしましょう!

download

 

 

 

 

 

 

 

 

もし急な腰痛・ギックリ腰に襲われたら

当院へご連絡ください。

 

 

良い姿勢を取り戻す専門家

腰痛肩コリの再発から
あなたを守る

 

あすなろ整体院

TEL: 045-392-8921

HP: asunaro-yokohama.com/