こんにちは。

あすなろ整体院

院長 登倉です。

お問合せの際、お電話ですと

「腰が痛いので一度診てもらえますか?」

「急に腰が痛くなって・・予約取れますか?」

と言ったご相談を頂いています。

 

では、皆さんが言う【腰痛】とは

そもそもどんな状態なのでしょうか?

その点について書いてみようと思います。

 

【腰痛とは】

腰痛とは、まさに読んで字のごとく

「腰に痛みを感じること」です。

 

ここでは簡単に

【急性】と【慢性】

この2つに分けてみたいと思います。

 

『急性腰痛』

突然の強い痛みで、もう

その場で動けなくなるほどの

強烈な痛みになります。

 

●ギックリ腰

通称「魔女の一撃」。

筋肉疲労の蓄積などの要因がある所に

腰の筋肉に負担が掛かった瞬間に

「ビキッ!!」と激しい痛みが走ります。

実は、重いものを持った時よりも

下に落ちている物を拾おうとした時や

体を捻った時に痛めることが多いです。

(画像はイメージです)

●腰椎の骨折

転んで尻餅をついた時などに

腰に激痛が走った場合は

『圧迫骨折』の可能性もあります。

 

雨でマンホールで滑ってお尻を着いた。

その後から腰が痛くて・・という方が

病院の検査で「腰椎圧迫骨折」していた

という事例もありました。

 

●内臓の病変

尿路結石や胆石症など、内臓の病気から腰痛が生じることもあります。
腰が痛いからと安静にしても

体勢を色々変えてみても

腰痛が軽くならない場合には

内臓からの腰痛かもしれません。

(画像はイメージです)

『胆石症』 『腎結石』 『尿路結石』

などの症状で腰痛を生じることもあるので

様子がおかしい場合は検査が必要です。

 

『慢性腰痛』

腰の鈍痛が、しつこく続き痛みます。

「ずっと座っていると痛くなる」

「長時間立ちっぱなしだと痛くなってくる」

など人によって症状も様々です。

(画像はイメージです)

 

その原因としては

 

●腰に負担が掛かる日常習慣

運転などで座っている事が長時間続いていたり

重いものを持ったり運んだりを繰り返したなど

 

腰への負担が繰り返し掛かる事があると

腰の傷みを回復させる前に、また負担が来て

腰はずっと痛め続けられてしまうので

 

どんどん症状が悪化していき

治るのに時間がかかるようになり

『慢性化』します。

 

●精神的ストレス

仕事の人間関係や環境変化などがストレスになり

自律神経の『交感神経』と『副交感神経』の

バランスが崩れます。

 

こうなると、緊張によって筋肉が縮み

血流が悪くなり、筋肉は酸素の欠乏状態になり

結果として痛みがでます。

 

また、痛みを緩和させるホルモンの分泌も少なくなり

さらに痛みを感じやすくなります。

 

この痛みがさらなるストレスになる事で

さらに痛みが生じるという悪循環・・・

これを『心因性腰痛』とも言います。

 

【最後に】

 

腰痛は、肩こりと並んで

国民病となりつつあります。

 

しかし、全く手の打ちようがない

訳ではありません。

 

患者様にも良くお話しするのですが

●痛みの早期治療、改善

●自分の姿勢のチェック

●適度な運動で体を動かす

これらを心がけるだけでも

腰痛のリスクは減らせます。

 

「なかなか自分では出来ないよ」

「そうは言っても急に痛くなるし・・」

 

そんな時は当院にお任せください。

症状の解決から姿勢のチェックまで

しっかりとサポート体制が出来ています。

 

お気軽にご相談ください!

 

 

良い姿勢を取り戻す専門家】

バランスの良い姿勢を得る事で

ずっと続いていた腰痛・肩コリの

再発からあなたを守る

 

オスグッドの短期改善の秘密基地】

 

オスグッドでスポーツが出来ず

悩んでいる選手を再びスポーツに

復帰させる最後の砦になる

 

 

 

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/

 


この記事をシェアする

関連記事