こんにちは!

東戸塚 あすなろ整体院

院長の登倉です。

 

患者さんとのお話の中で

 

運動不足の解消に

ウォーキングはどう?

というご相談が有りました。

(画像はイメージです)

 

ウォーキングしてる!

 

という方も多いと思います。

 

が!

 

ちゃんと

効果的なウォーキング』が

出来ていますか?

 

という事で、今回は

ウォーキング

を題材にしてみたいと思います。

 

【ウォーキングの効用】

 

最近、運動不足を感じる方

今まで運動をしてこなかった方

 

そんな方が始めやすいのが

『ランニング』と比較して

膝や腰の負担の軽い

(画像はイメージです)

ウォーキングです。

 

ウォーキングは

『ただ歩くだけ』の運動ですが

様々な効果があると言われます。

 

①《運動不足の解消》

 

歩くのですから、当然

両脚の運動』になりますね。

 

その他、歩くときに

“腕を振る”ので『両腕の運動』に。

 

“姿勢良く歩く”ので

腹筋・背筋の運動』に。

 

この様に【全身の筋肉】に

運動刺激を加える事が出来ます。

 

②《ダイエット効果》

 

ウォーキングは【有酸素運動】です。

 

※【有酸素運動(ゆうさんそうんどう)

筋肉が力を発揮するときに

酸素】を使う運動の事。

水泳・ランニングなどが代表的。

(画像はイメージです)

 

この有酸素運動は

脂肪を燃焼させる』効果があり

 

運動の際に良く使う

『両脚、背筋、腹筋、肩甲骨から腕』

の脂肪燃焼が促されます。

 

結果、各部の《ダイエット》効果

見込めるのです。

 

【正しいウォーキング】

 

ウォーキングは体に良い!

 

といって歩いてはいるけども

あまり効果が無い・・。

 

そんな方も多いと思います。

 

ただ“やみくも”に歩いたり

 

お話しながらダラダラ」と

歩いたりしていませんか?

 

正しい歩き方をしましょう!

 

《背筋を伸ばす》

 

つい「足元ばかりをみて」

歩いていませんか?

 

背中が丸まった【猫背】の姿勢では

正しいフォームになりません。

(画像はイメージです)

猫背】にならないよう

しっかり背筋を伸ばしましょう。

 

そして目線をやや遠めにして

顔を上げて歩きましょう。

 

《歩幅を大きく》

 

トボトボ」と歩いていては

足の運動にはなりません。

(画像はイメージです)

やや歩幅を広め』にして

歩くことを意識しましょう。

 

また、【大股で速めに歩く】と

より運動効果が高くなります。

 

《腕をちゃんと振る》

 

実は、腕を振る時は

腕を後ろに引く

という意識が重要です。

 

ウォーキングでは「腕を振る」方が

体の推進力(進む力)も発揮でき

歩くリズムも作りやすくなります。

 

ウォーキングのとき、

・肘を軽く曲げる

・肘を直角に曲げる

腕は、どちらでも構いません。

 

肩や腕の力がふっと

抜けるフォームが良いですね。

 

【その他の注意点】

 

ウォーキングは、ただ長い時間を

歩けば良い訳ではありません。

 

以前は1日 1万歩以上

などと言われていましたが

 

それは『歩きすぎ』という考えになり

最近は1日 8千歩程】で

良いとされています。

 

また「いつ歩くか?」のタイミングは

・食事の前・・・ダイエットに効果的

・食事の後・・・血糖値を下げる効果

と言われています。

 

【最後に】

 

今回は

ウォーキング

取り上げてみました。

 

ウォーキングは手軽な上に

様々な健康効果が得られる運動です。

 

毎日やる!

 

と意気込むと、かえって

出来なくなったりします(笑

 

自分に無理の無い範囲で

でも、日々の習慣となるように

 

是非、取り入れてみてください。

 

ウォーキングしたくても膝が痛くて・・

歩いてると段々足が痺れるんだよ

 

この様な症状でお困りでしたら

お電話やメール、または《公式LINE》

お気軽にご相談、お問合せください!

 

24時間ご予約もOK!

《あすなろ整体院 公式LINE》

是非ご登録ください

 

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/

 

 

 

 


この記事をシェアする

関連記事