こんにちは!

あすなろ整体院

院長の登倉です。

 

 

「起きた時から腰が痛いって

憂うつになるんだよね」

 

というお悩みをお持ちの方。

実は結構多いのでは?

(画像はイメージです)

 

今回、そんな患者さんが

 

「すっごく良かった!」

「朝、起きるのが嫌じゃないもん」

 

とおっしゃったアドバイスというか

【対策】がありました。

(画像はイメージです)

 

今回は、そんなお話です。

 

【対策1:寝る前ストレッチ】

 

最もポピュラーな方法ですね。

就寝前、ベッド上で

 

・腰を左右にひねる

・開脚して前屈する

などの簡単なストレッチを

5分位やってもらいました。

 

・・・あまり効果なく。逆に

「何か寝る前に汗かく」

「やっぱり寝る前は面倒臭い」

 

といい感じでは無かったようです。

 

【対策2:寝具を変える】

 

結果として、これが

ドンピシャ」嵌りました!

画像はイメージです)

 

長年使ってきたマットレスを

買い換える?という時期でしたので

 

・しっかり目の硬さ

(低反発よりも高反発を)

 

・全体的に同一の弾力性

(肩と腰で硬さが違うのはNG)

 

とアドバイスをして選んで買った

マットレスが良かった!

 

これで朝の憂うつな目覚めから

解放されました。

 

【変えて良かったこと】

 

マットレスを変えたことで

「寝返りが打ちやすくなった」

という点がありました。

 

どんなに寝相がいい方でも

寝ている時、最低でも

20回近くは寝返りをします。

(寝返りニャンコ先生はイメージです)

 

この時、体が沈みすぎていたり

マットや布団に『体の形・跡』があって

体がはまってしまっていると

 

寝返りが少なくなったり、ちゃんと

姿勢が変えられなかったりして

 

結果的に、体の疲労感が

残ってしまいます。

 

今回のように【腰痛】持ちの方は

腰回りの筋肉の緊張か取れないまま

朝を迎えていたので

画像はイメージです)

 

起床時に腰痛が出てしまったのです。

 

またマットレスの商品差もありますが

「通気性が良い」マットレス

背中や腰が「蒸れる」「汗をかく」感じが少なく

 

結果的に【質の良い睡眠】が取れた

というのも考えられますね。

 

【最後に】

 

短い方でも3〜4時間。

長い方では12時間以上。

人は睡眠を取ります。

(画像はイメージです)

 

前述のように、起床時に

「腰が痛い」

「寝違えることが多い」

という方は一度、寝具を

チェックしてみると良いかもしれません。

 

・ベッドは新しいんけど、朝、腰が痛いよ

・起きても肩こりが残ってて・・

・首を寝違えるのなんて、しょっちゅう

 

そんな方は、寝具の調節の前に

【体の調節】が必要です!!

 

「私の体って、歪んでるかな?」

「体のバランスが悪くなってるかも!?」

 

ご自身の体のバランスや

筋肉・関節の固さが気になる方は

この機会に、当院へご相談ください!

 

お電話】や【メール

または公式LINEから

 

☆24時間ご予約もOK!

あすなろ整体院 公式LINE

是非ご登録ください!

 

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/


この記事をシェアする

関連記事