こんにちは!

東戸塚 あすなろ整体院

院長の登倉です。

 

ご紹介で来られた方から

 

「朝、ベッドから出たときに

足の裏”に強い痛みが走る」

 

というご相談がありました。

 

今までの運動経験や

普段の生活習慣

現在の姿勢などから

(画像はイメージです)

 

足底筋膜炎】では?

とお伝えし、治療を始めました。

 

そこで今回は

足底筋膜炎

(そくていきんまくえん)

 

とはどんな症状なのか?

記述していきたいと思います。

 

【足底筋膜とは?】

 

足底(足の裏)には

踵から足指の付け根をつなぐ

筋肉があります。

これら筋肉が「膜のように」

広がって付いているので

足底筋膜(そくていきんまく)

と呼びます。

 

足底筋膜は、通常でも

『自分の体重を支える』

という負荷を受けています。

 

さらに自重を受けながら

『歩く・走る』という動作にも

関連しています。

 

その為、足底筋膜の負担が

過剰になることで『炎症』を生じ

足底筋膜炎

起こしてしまうのです。

 

【症状の原因は?】

 

【足底筋膜炎】を起こす

原因として挙げられるのは

 

《足に負担の掛かる運動》

 

長距離のランニング

・“バスケットボール” “バレーボール”等

ジャンプの多い競技

(画像はイメージです)

 

・“バレエダンサー

等、足の裏に負担の掛かる動きが

繰り返される競技では

足底筋膜が硬くなります。

 

足底の筋肉に適切なケアを

行うと炎症を起こしにくいですが

 

それでも炎症を起こしてしまう場合は

体の動き方、使い方が合っていない事も

考えられます。

 

《足底の疲労》

 

『長時間の立ち仕事』で足の裏に

疲労が蓄積すると筋肉が固くなり

足底筋膜炎を起こす場合があります。

 

この場合、足の裏の

「どこかに集中」して

体重を乗せている事が多く

 

偏平足へんぺいそく)】の方は

足の衝撃を分散しにくいので

特に注意が必要です。

 

【どんな治療?】

 

前述しましたが

足底の筋肉は普段から

『体重を支える』という

負荷を抱えています。

 

もし原因が

一時的な使いすぎ

なら、安静にしているうちに

痛みが収まることもあります。

 

しかし、原因が

普段の姿勢や動作

の場合は

 

普段から受けている負荷に

対応するための足の筋力や

柔軟性が必要になります。

 

おススメのケア

としては

 

以前にブログでも紹介した

《足の裏が疲れる方にお勧めなのが》

 

テニスボール

を使ったケアです。

 

【足底筋膜】の柔軟性を高めるうえに

【足底筋膜】の筋力アップにも

とても役にたちます!

 

1年以上も、足裏の痛みが続いていたり

「足裏の1部分が、触るだけでも痛い!」

という場合には

 

『骨の変形』や『組織の変性』が

起きている可能性もあります。

 

問診時に、そのような状態が

確認された場合には、当院から

専門医への診察をご紹介

する事もあります。

ご了承ください。

 

【最後に】

 

今回は、

足底筋膜炎】

について記述しました。

 

・硬い靴をはいている

・長時間、立ちっぱなしが多い

・運動で走ることが多い

 

このような方に起きやすいので

セルフケア』をしながら

コンディションに注意しましょう。

 

足の裏も、ふくらはぎも痛くなるので心配

立ち方が悪いって言われた事があって・・

 

もちろん、この様な症状も

しっかり対応しています!

 

 お電話やメール、または《公式LINE》

お気軽にご相談、お問合せください!

 

☆24時間ご予約もOK!

《あすなろ整体院 公式LINE

是非ご登録ください!

 

 

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/

 

 

 

 

 

 

 


この記事をシェアする

関連記事