こんにちは!

東戸塚 あすなろ整体院

院長の登倉です。

 

今回は、治療の話からすこし逸れますが

僕がギックリ腰になった時

について、お話したいと思います。

 

普段、腰痛を治しながら

ストレッチが大事」「姿勢は大事」とか

偉そう?に言ってますが

自分も痛い思いしておりまして・・・

 

さらっとお読みいただければ幸いです。

 

【僕のバイトは“肉体労働”?】

 

今から何十年前になるんでしょうか・・。

当時、フリーターだった僕は

『パン屋さん』でバイトをしていました。

(画像はイメージです)

 

焼きあがったパンを、製造部から別フロアの

売り場まで運んで棚に並べ、そして販売する・・。

 

運ぶものが、例えば【食パン】なら

1本3斤(普通、袋のパンは1斤)】が約1キロ

それが『5本入ったケース』×4箱=約20キロ

それを一気に持って、売り場へ移動するんです。

(画像はイメージです)

 

パン屋さん、意外と“肉体労働”なんです(笑

 

当然、体の疲れもあるんです。が

「そんな頑張ってる俺、カッコ良くね?」

的なノリもありましたね。恥ずかしいですね(笑

 

【20歳のGW。奴、来る】

 

ゴールデンウィーク】は、サービス業には『書き入れ時』

なので、お店も売上アップに気合が入ります。

 

僕も「フル出勤上等!」的な感じで、ヤル気元気、充分なのです。

 

が、ここで奴は待ち構えていました。

 

忘れもしない4月29日の朝。

その日、開店前で時間が無かったので、ちょっと

無理して多くのパンを“肉体労働”で売り場へ運び

 

 

空き箱を回収してまとめ、それを製造部へ返却しようと

ちょうど、こんな体勢で空き箱に手をかけたとき

 

『スコン』とその場に膝から崩れ落ちました。

 

と、とてつもない痛みが腰の奥から響いてきます。

そして立とうとしても、なぜか脚に全く力が入らないのです。

 

何とか売り場の柱をたよりに、腕力で強引に立ち上がり

ガクガク・・」と生まれたての小鹿みたいに脚を

震わせていたら

(画像はイメージです)

 

出勤してきた社員が僕を見つけ、慌てて

イスを持ってきてくれて助かりました。

 

【ギックリ腰のつらさを知る】

 

しかし、一度座ってしまうと、今度は

痛くて立てない!

 

この日は早退したくても、立てないので帰れず。

帰宅は、先輩が車で迎えに来てくれて

自宅まで送ってくれました(泣

 

(画像はお借りしました。)

自宅で出迎えた母は、大爆笑でしたが・・。

 

ここで知った、ギックリ腰のつらさ。

寝返りが打てない!

サッと、すぐに動けない!

笑っても腰って痛いんだな・・。

 

しかも痛めたのが「4月29日(祝日)」

そう、ゴールデンウィークなので

病院がみんなお休み!

 

今ですと、安静にしすぎるよりは、ゆっくりでも

日常の動作をしながら腰を回復させるのですが

当時は、知るすべも無く。

 

(画像はイメージです)

なので、1週間、ひたすら寝てました(笑

 

そしてゴールデンウィーク明けに病院へ行き、医者に

「早く来ないと意味無いんだよ!」と理不尽に怒られ

社会の厳しさと、ギックリ腰のつらさを知ったのでした。

 

【最後に】

 

と言う訳で、長文となりましたが

僕の『ギックリ腰・体験談』をお送りしました。

 

このつらさを知っているので、腰痛、ギックリ腰は

「とにかく早くラクになって欲しい!

思っています。

 

朝、顔を洗おうとして腰がギクってなった!

運転席から後ろの席にバッグ置こうとして捻った!

など、ささいな動作でも腰痛は起こります。

 

腰に痛みを感じたら、お早めに

お電話メール、またはLINEから

お気軽にご相談、お問合せください!

 

 

24時間ご予約もOK!
あすなろ整体院 LINE

ご登録ください!

 

良い姿勢を取り戻す専門家】

バランスの良い姿勢を得る事で

ずっと続いていた腰痛・肩コリの

再発からあなたを守る

 

   

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/

 


この記事をシェアする

関連記事