こんにちは!

東戸塚 あすなろ整体院

院長の登倉です。

 

今回も患者さんとのお話から

ブログ記事を作成しました。

 

膝の調子が悪いという患者さん

(画像はイメージです)

 

お医者さんで、太ももの筋肉を

鍛えなさいって言われたの

 

上手くいかなくて・・どうやるの?

 

と、こんなご相談だったので

ちょっとしたコツをお伝えしました。

 

ブログでも記述していきますね。

 

【太もも“前”の筋肉を鍛える】

太ももの前にある筋肉は、正式名称

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)と言い

4種類”の筋肉が集まっています。

 

その4種の中でも、特に働きが強いのが

大腿直筋(だいたいちょっきん)

 

“思い切りボールを蹴る!”ような

膝を伸ばす動作」に作用します。

(画像はイメージです)

 

この筋肉を鍛えてあげて

膝の安定性を高めるのが

膝のリハビリ体操の目的です。

 

【体操の仕方】

 

比較的ポピュラーなのは、真っ直ぐに

伸ばした脚を上げて行く方法です。

 

しかし、この方法をやってみると

・脚の上がりが低いと、効果が出ない。

 

高く上げすぎると、太もも以外の

筋肉を使ってしまい、効果が低い。

 

と頑張っているのに、きちんとした

効果が得られない事があります。

 

《そこで僕がおススメした方法は》

①あお向けに寝る。両腕は体の横でOK。

 

 

②体操を“しない側”の膝を立てる。角度は90度。

 

体操させる脚を上げていく。

このとき、上げる目安は立てた膝と同じ位置まで!

 

両膝・両太ももが“平行”になったところで、ストップ!

『10秒カウント』したら、ゆっくりと降ろす。

 

この『途中で止める』角度が、上記の

大腿直筋】に負荷を掛けるポイントなのです。

 

片側を【10秒静止×10回】で体操したら

反対側も、同じようにやってみましょう。

 

慣れてきたら【10秒静止×10回】を1セットとし

1日に『2~3セット』行ってみても良いでしょう。

 

【最後に】

 

元気な毎日を過ごすためには

足腰の健康が欠かせませんね。

(画像はイメージです)

 

膝の調子が悪いと、階段や坂道が苦になり

お出かけも「つまらなく」なってしまいます。

 

自宅で簡単に出来る体操を、少しづつでも

取り入れて、しっかりした足腰で

毎日を元気に過ごしましょう!

 

膝もだけど、股関節も心配で・・・

立ち方や歩き方もチェックしたい

そんなお悩みも、当院にお任せください。

治療の他、「ストレッチング」「歩き方指導

など、足腰を元気に保つお手伝いをします!

 

 お電話やメール、またはLINEから

お気軽にご相談、お問合せください!

 

24時間ご予約もOK!

《あすなろ整体院 LINE@》

是非ご登録ください!

 

 

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/

 


この記事をシェアする

関連記事