こんにちは!

東戸塚 あすなろ整体院

院長の登倉です。

 

今日は

肘内障】の整復

しました。

 

痛がってるお子さんの側で

親御さんが固唾を飲んで

みていると

(画像はイメージです)

緊張しますね!

 

そんな肘内障のお話を

書いて行きたいと思います。

 

【肘内障とは?】

 

肘内障(ちゅうないしょう)

幼稚園児くらいのお子さんに多く

 

・手を繋いでいて、手を引いた時に発症した

・子供が転んだときに、変に手を着いた

 

という状況で発生します。

 

《どんな状態になるのか》

 

肘の外側にある橈骨(とうこつ)

という骨の上部が、周囲の

靭帯から「ズレた」状態です。

 

パッと見た感じでは、肘に

異変が見当たらなく

 

何処かに腕をぶつけて

痛くて泣いてるのかな?

 

と思ってしまいます。

 

ですが、完全な「脱臼」ほど

酷くないものの、関節のケガです。

 

ふと、腕を動かそうとした時に

痛くて泣きだしたりします。

 

・子供が腕を抑えたまま、じっとしてる

・腕を触ろうとすると嫌がる、怖がる

・腕を動かせない。「バンザイ」が出来ない

(画像はイメージです)

 

腕の痛みを訴えていて

こんな状態だったときは

肘内障を疑ってよいでしょう。

 

《原因は?》

 

・急に走ったので、危ない!と腕を引いた

・「コッチに来なさい!」と腕をひっぱった

 

実は、最も多いのは

親御さんが腕を引っ張った時

です。

(画像はイメージです)

 

子供の関節は、まだ大人のように

しっかり形成されていません。

 

その為、力加減が強すぎると

関節が「外れる」ことがあります。

 

特に肘周りはまだ筋肉の発達が

強くないため、ケガが発生しやすいです。

 

急に力任せに引っ張らない

ことが大切です。

 

※危険回避のため、咄嗟の場合は

やむを得ない場合もあります。

 

【治療は?再発は?】

 

《肘内障の整復》

 

大人の脱臼と違い、まだ完全な

関節形成になっていないので

 

少しの治療で整復して

元に戻ります。

 

治療する際に、痛みのある

「肘の外側」を触るので

(画像はイメージです)

治療中は泣いてしまう

お子さんが多いです。

 

コツッ!」とはまった音と

手ごたえがあれば

もう整復・治療は完了です!

 

早い子は「2~3分」

遅い子で「10~20分」すると

 

普通に腕を動かしだして

いつも通りに遊び始めます。

 

《再発はする?》

 

肘内障のあと、しばらくは

再発の可能性あり

と考えましょう。

 

特にお子さんの腕をひっぱるのは

NG!と思ってください。

 

成長するにつれ、徐々に筋肉も

関節も強くなっていくので

 

10歳前後になると、ほとんど

肘内障は起きなくなります。

 

「大人になっても脱臼癖が残る?」

なんて心配はいりませんよ。

 

【最後に】

 

今回は、飛び込みで来られた

肘内障】について記述しました。

 

外出時に、急に肘内障に

なってしまうと、不安になりますが

 

僕の様な【柔道整復師】のいる

接骨院整骨院

【整形外科】【小児科】へ行くと

しっかりと治せます。

 

両手持って、ブラブラ~って

遊んでたら急に泣き出して・・

 

腕が痛いって、公園から

帰ってきたけど、理由が分からなくて

 

そんな時は、当院で

肘内障か確認をしますので

 

あすなろ整体院

TEL:045-392-8921

電話のほうが早いです!

すぐにご連絡ください!

 

 

その他、腰痛や四十肩などの

『なかなか治らない症状』で

お悩みの方は

 

 お電話やメール、または《公式LINE》

お気軽にご相談、お問合せください!

 

24時間ご予約もOK!

《あすなろ整体院 公式LINE

是非ご登録ください!

 

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/


この記事をシェアする

関連記事