こんにちは!

東戸塚 あすなろ整体院

院長の登倉です!

先日、腰痛で来院された

患者様とのお話しの中で

 

椅子から“立つとき”に

腰が痛くて・・・・

どうしたらいいですか?

 

と言うご相談を受けました。

 

椅子から立つ動作は一日でも

かなり数の多い動作になりますね。

 

そこで簡単な方法をアドバイスしました。

 

実際にやってみて

あ、これなら怖くない!

「すっと立てるわ!」

と喜んで頂けました。

 

今回はそのひと工夫

記述したいと思います。

 

 

【足元が肝心】

 

僕らが椅子から立つときに

足元を見てみてください。

 

両足が揃っていませんか?

 

両足が揃っていると、自分の重心が

かかる範囲が狭くなります。

 

立つときに一点集中のように

狭い範囲で自分の体重がかかり

 

その分、腰や臀部(お尻)

足の筋肉の力に頼りがちな

動作になるので

 

(画像はイメージです)

 

腰が痛い、つらい時ですと

腰にかかる負担が増して

さらに痛みを感じてしまいます。

 

【立ち方の工夫】

 

それではどのようにして立つと

良いでしょうか?

 

実際にやってみましょう。

①.通常のスタンスで足幅を揃えます

 

②.股関節から太ももが“平行”

なる感じで、足幅を広げましょう

 

③.さらに、どちらかの足を【半歩】

前後にずらしておきます。

 

④.するとスタンスの幅が広がり

自分の重心を分散させる面積が

広くなります。

 

こうすると、自分の重心が狭い

範囲で不安定にならず

 

大きな幅の中で安定感が生まれ

腰への負担も少なくなります。

 

【最後に】

 

今回は

足元の工夫

について記述しました。

 

座った姿勢から立つときが

結構怖いんだよね

 

という方には、ぜひ一度

試して頂きたいです。

 

もちろん、普段からの

ストレッチやセルフケアが

重要なのは言うまでもありません。

 

《腰痛予防には、まずストレッチ!です》

こちらの記事も参考になさってください!

 

「なかなか腰痛が引かなくて・・」

「一度ちゃんと診てもらえないかな?」

 

そんなお問合せのお電話や

メールLINEも頂いています!

 

お気軽にご相談、ご連絡ください!

 

24時間ご予約もOK!

《あすなろ整体院 LINE@》

是非ご登録ください!

 

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/


この記事をシェアする

関連記事