こんにちは!

東戸塚 あすなろ整体院

院長の登倉です。

 

今日の急患さんも

ギックリ腰

でした。

 

来院された際に

コルセット

着用されていましたが

 

着け方が少し違っていました。

(画像はイメージです)

「こうじゃないんですか?」

 

治療後に、ちゃんとした

『コルセットの巻き方』

をしていただいたら

 

「安定感!凄くラク!

と驚いていました。

 

そこで今回は

コルセット、ちゃんと着けてる?

を題材にしたいと思います。

 

巻く位置は?】

 

今日の患者さんもですが

コルセットを巻いている位置が

骨盤からズレている方が多いです。

 

腰が痛いから、痛い所を

巻いたんですが・・

 

と、こんな感じで

 

【腹巻き】のように

お腹(お臍)周りを巻いても

効果が無いのです。

 

正しい巻き方は

 

『ベルトのやや下』あたりの

骨盤の“出っ張り”の上を

コルセットがちゃんと

骨盤を押さえる

ように巻く事です。

 

《コルセットの種類》

 

最近のコルセットは機能性が高く

種類も豊富です。なので

 

「何を買えばいいの?」

と迷ってしまいます。

 

強い固定力 > 動きやすさ』

 

「しっかり腰を締めたい!」

 

そんな方には

・幅が広いタイプ

・二重ベルトでガッチリ固定

出来るコルセットが良いです。

 

「締め付けられ過ぎる」

「長時間は苦しい」

という面もあるので

注意して使いましょう。

 

『固定力 < 動きやすさ

 

「あまりキツイと動くのに不便」

 

という方は

・細身のタイプ

・着脱が簡単に出来る

コルセットがおススメ。

 

車の運転が多い

「立ったり座ったりする」

方にはピッタリです。

 

【巻く効果は?】

 

・脊柱(背骨)の土台になり

上半身を支える

 

・左右の股関節へ

重心の配分をする

(画像はイメージです)

 

【骨盤は体の土台】と言われ

常に負担が掛かり続ける

部位でもあります。

 

コルセットが骨盤を

しっかりと固定することで

 

骨盤周囲の筋肉や

靭帯(じんたい)の

「負担軽減」になり

 

【ギックリ腰】で生じた

痛みの軽減や、負傷した

筋肉の回復に繋がります。

 

掃除機を掛けると腰が痛い

(画像はイメージです)

洗濯カゴを持ったら腰が抜けそうだった

 

など動作に不安がある時は

コルセットを着用しましょう!

 

「食事の時」

「家事も終わって一段落」

の時は、コルセットを弛めましょう。

 

メリハリが肝心です!

 

※昔ながらの『サラシ』

同様の効果があります!

 

※くれぐれも「包丁」は

忍ばせないで下さい!

(捕まります・・・)

 

【巻く期間は?】

 

コルセットをするとラクなので

つい“頼りがち”になりそうですが

 

「骨盤周囲にある筋肉」

(画像はお借りしました)

「姿勢維持の為の筋肉」

の機能低下を起こすことがあり

 

せっかく腰痛が良くなっても

再発する可能性が残ります。

 

痛みが落ち着いたら

コルセットは卒業しましょう。

 

【最後に】

 

今回は

【コルセットのお話】

を記事にしました。

 

腰を痛めたときに

お世話になるかもしれない

コルセットのお話

 

お役に立てると

嬉しいです!

 

コルセットは要らないけど

腰はずっと痛いんだよね・・

 

“くしゃみ”すると腰が

グキッ!ってなりそうで怖い!

 

そんな腰の不安がある方は

強い痛みになる前に

しっかりと治療が必要です!

 

 お電話やメール、または《公式LINE》

お気軽にご相談、お問合せください!

 

24時間ご予約もOK!

《あすなろ整体院 公式LINE

是非ご登録ください!

 

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/


この記事をシェアする

関連記事