こんにちは!
東戸塚 あすなろ整体院

院長の登倉です。

 

昨日「水を飲む事」について

こんなブログを書きました。

《水を飲む事は大事なの?》

 

少し量が多くなったため

今日の後編へと続きます。

 

それでは、どうぞ!

 

【逆に水を飲まないと?】

 

人間の体は約60%が水分

言われています。

(画像はイメージです)

 

体内の水分は体液として

体中に【酸素】【栄養素】を運んだり

【老廃物の排出】をしたりと

生体機能を支えています。

 

そのため水分量が「約5%」減少すると

脱水症状が現れ始めます。

 

水分量が「約20%」減少してしまうと

命を落とす危険性も出てくるのです。

 

要注意なのが『高齢者』です。

 

加齢で喉の渇きに気づきにくく

脱水症状に陥りやすくなります。

(画像はイメージです)

 

自分で「大丈夫」と思っていても

体は水分不足になっていることがあります。

こまめな水分補給を心がけましょう。

 

【水じゃなくても良い?】

 

「水は“味が無い”から苦手~」

と言う方も多くいらっしゃいますね。

 

では、良く飲まれる「飲料」は

どうなのでしょうか?

挙げて説明していきましょう。

 

《①コーヒー、お茶など》

 

コーヒーやお茶に含まれるカフェイン

利尿作用があります。

 

そのため『水分補給の目的』には

あまり向かないと言えます。

(画像はイメージです)

 

さらに、コーヒーや紅茶に

『砂糖』を加えて飲む場合は

糖分にも注意が必要です。

 

液体に溶かしてしまうと

使用した糖分は分かりにくく

つい多めに摂取してしまう傾向があります。

 

まるっきり「水分を何も摂らない」より

お茶やコーヒーを飲むほうが良いですが

 

カフェインの「利尿作用」を考え

後からコーヒーより多めの水

飲むようにしましょう。

 

《②スポーツドリンク》

 

スポーツドリンクは、糖や塩分の

過剰摂取】になる可能性があります。

 

『500ml』のスポーツドリンクには

約30g】の糖分が入っており

角砂糖で6~8個に相当します。

 

また塩分も【約50mg】程が含まれます。

 

ハードな運動時などならともかく

日常生活においては、食事での

塩分・糖分もあわせると、過剰です。

(画像はイメージです)

 

スポーツドリンクでの水分補給は

【激しい運動に限定】することが

望ましいと思います。

 

☆ちなみに、たくさん汗をかいた後の

水分とミネラル補給には

麦茶》がお勧めです!

(画像はイメージです)

 

こちらは飲んでも美味しい!

出がらしも美味しく食べれる!

 

体に嬉しい麦茶です!

《食べれる麦茶》

 

《③アルコール》

残念ながら、アルコールは

水分補給になっていません。

 

むしろアルコールの分解には

『水分が必要』なので、逆効果です。

 

また、アルコールも【利尿作用】があります。

(画像はイメージです)

 

特に『ビール』は利尿作用が強くて

『ビール1Lで、水分が1.1L失われる』

と言われています。

 

運動後や入浴後に

ビールが飲みたいっ!

という気持ちは分かりますが

 

先に【】を飲んで水分補給して

それからビールにしましょう。

 

【最後に】

 

前編・後編と長くなりましたが

水を飲むこと】について

 

そして【水分摂取の注意点】を

書いてきました。

(画像はイメージです)

 

水をしっかり摂取する事は

手軽に出来る健康法

でもあると思います。

 

喉が渇いたなぁ・・

と感じる前に

 

こまめな水分摂取をしましょう!

 

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/

 

 


この記事をシェアする

関連記事