こんにちは!

東戸塚 あすなろ整体院

院長の登倉です。

 

多くの方がきっと

同じ事を思うと思います。

 

脚って、やっぱり

組んじゃダメ?

(画像はイメージです)

今日も患者さんに質問されました!

 

そこで良い機会なので

 

脚を組むことについて

を題材にしたいと思います。

 

【なぜ組みたくなるの?】

 

脚を組むクセのある患者さんに

なんで組むんですかね?

と聞いてみると

 

なんとなく!

と元気な回答が来ました。

 

詳しく聞いてみれば

その方が落ち着く

という話でした。

 

(画像はイメージです)

この落ち着く

キーポイントになります。

 

《同じ姿勢でいる苦痛から逃れる》

 

長時間座って作業をしていると

脚を組んでしまう人が多いと思います。

 

いくら良い姿勢で座っていても

長時間になれば、お尻が痛く感じます。

 

脚を組むと『片側のお尻が浮く』ので

お尻の痛さを少し紛らわせる事が出来ます。

 

また、姿勢に変化が生まれるので

同じ姿勢でいる苦痛から

逃れる事も出来るからでもあります。

 

《体のバランスを取るため》

 

脚を組んだ時に、いつも

同じ側の脚が上になる

 

心当たりがある方が

多いのではないでしょうか?

(画像はイメージです)

もしかすると、長年のクセで

【体を歪ませている】

かも知れません。

 

脚を組まずにいられない

イコール

組むのに都合の良い歪み

 

になっている可能性があると

考えられます。

 

【どんな影響がある?】

 

実際に、どんな影響が

考えられるでしょうか?

 

《腰痛の原因になる》

 

脚を組むと、左右の

骨盤位置と股関節に

ねじれ」が生じます。

 

体は不安定さ”を感じるので

「姿勢の安定」を保つため

 

背中を丸める

体を傾ける

など対応する姿勢をとり

 

結果、腰の筋肉に

痛みやコリを生じたり

猫背の姿勢

なってしまいます。

 

《冷え症の原因になる》

 

骨盤の歪みや姿勢の悪化は

筋肉の緊張を起こします。

 

この筋肉の緊張によって

血流の阻害】が生じてしまい

 

血行不良によって下半身の

冷え症を起こしやすくなります。

 

下半身のむくみ

脚の冷え症

にお悩みの方は

気をつけましょう。

 

【どう対処すれば良い?】

 

やっぱり座ってると組みたくなる

(画像はイメージです)

 

そんな患者さんに

僕がお伝えしているのは

次の事です。

 

《一度“立って”座りなおす》

 

脚を組みたいということは

座ってることに疲れた

という事でもありますが

 

座ってるのに飽きた

という事もあると思います。

 

そこで一度

 

イスから立ち上がって

キチンと座りなおす

(画像はイメージです)

だけでも脚を組むことが

少なく抑えられます。

 

立ったついでに

コーヒーを淹れに行く

お手洗いに行っておく

(画像はイメージです)

 

など一息つくのも

良いと思います。

 

《軽い体操・ストレッチをする》

 

職場では、なかなか

ストレッチはやりにくいかも

知れませんが

 

・座ったまま、上半身を左右に捻って

腰や背中を運動させる

 

・座ったまま片脚を“あぐら”の様にして

上半身を屈めて、骨盤周囲を伸ばす

《腰痛予防には、ストレッチ》
ブログでも紹介しています!

 

これらを取り入れて

「脚を組む回数を減らす」

ようにしてみましょう。

 

【最後に】

 

今回は、よくある質問の

脚を組むこと

について記述しました。

 

落ち着くから

という理由も有りますが

 

腰痛の原因

冷え症の原因

ともなり兼ねませんので

 

出来るだけ改善して行きましょう!

 

脚は組まないけど、腰痛はあるよ!

夕方、むくみが酷くって大変・・

 

このような症状でお困りの方は

 お電話やメール、または《公式LINE》

お気軽にご相談、お問合せください!

 

24時間ご予約もOK!

《あすなろ整体院 公式LINE

是非ご登録ください!

 

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をシェアする

関連記事