こんにちは!

東戸塚 あすなろ整体院

院長の登倉です。

 

 

『四十肩』で来られている

患者さんの治療中に

 

時々“偏頭痛”がひどくって

(画像はイメージです)

なんか“雨の日”の前から

起きるんだけど、関係ある?

 

そんな話になりました。

 

あるんです!

 

そこで今回は

気圧変化と、体の症状

について書いて行こうと思います。

 

【なぜ低気圧が影響?】

 

そもそも、僕らは普段から

『気圧の影響』を受けています

 

僕らは空気の圧力を受けていて

そして、その圧力に対して

 

『体内から押し返す』

作用を生じています。

 

この『気圧の変化』を

キャッチしているのが

内耳(ないじ)

という、耳の奥の器官です。

この【内耳】が気圧の変化を

『脳内の自律神経』に伝えていて

 

自律神経の働きが正常だと

この気圧の変化に合わせて

血管の膨張をコントロールします。

 

しかし、過労やストレスで

『自律神経』の働きの乱れを

生じてしまうと

 

偏頭痛】や【めまい】など

体の不調を起こしてしまいます。

 

【主な症状は?】

 

この『気圧の変化』で

起きやすい症状としては

 

《偏頭痛》

 

脈拍と同じような

「ズキンズキン」という

痛みを感じます。

 

気圧の変化で、脳の血管が

膨張して『痛み物質』が生じると

 

この痛み物質に反応して

血管が「さらに膨張」します。

 

そして、血管の膨張が悪循環になり

【偏頭痛】を起こすと言われています。

 

《肩コリ・首のコリ》

 

首は、重たい『頭部』を支えており

首から肩甲骨にかけての筋肉は

常に負担を受けています。

 

その首は、気圧を感知している

内耳】と繋がっています。

 

そのため、気圧の変化があると

内耳や交感神経が過剰に反応し

(画像はイメージです)

首の筋肉の緊張が強くなり

肩コリ】【首のコリ

を起こしてしまいます。

 

《めまい》

 

体は、目や耳の平衡センサーによって

体幹と手足がバランスを調整し

倒れないようにしています。

 

しかし、気圧の変化によって

【内耳からの影響】

【頭部・首からの異常】

が起きると

(画像はイメージです)

体が「倒れないようにする」機能が

バランスを保てなくなり、その結果

起きる症状が【めまい】です。

 

※[メニエール病]

メニエール病も【めまい】を起こす

症状とされています。

 

メニエール病は、内耳のリンパ液が

増えることで起こる病気と言われ

 

「ぐるぐる目がまわる」ような

回転性めまい】のほか

 

耳鳴り】【吐き気】などが

症状として現れます。

 

メニエール病が進行すると

完治が困難になるケースもあるので

 

長期間の【めまい】【耳鳴り】の時は

専門医の受診なども必要になります。

 

【どうしたらいい?】

 

このような症状は、耳の

内耳】が関っています。

 

そのため『耳の周囲』の

血行を促進することが

効果的と言われています。

 

耳から「こめかみ」や

「ほほ」にかけてを

マッサージしてみましょう。

このブログ記事

参考になると思います!

 

《簡単!気持ち良い!セルフケアにお勧めポイント》

 

また

【自律神経】を整える事

も対処法の一つです。

 

特に腹式呼吸】は、自律神経系の

【副交感神経】を優位にする効果があります。

(画像はイメージです)

自宅でリラックスできる時は

意識して【腹式呼吸】を行い

 

自律神経の働きを

整えてみましょう。

 

【最後に】

 

今回は

『気圧の変化と症状』

について書いてみました。

 

昔から

天気が崩れると

古傷が痛む

(画像はイメージです)

 

などと言われていましたが

あながち間違いでは無いのですね。

 

一度“偏頭痛”が出ると

 なかなか治らない

 

“キーンって耳鳴り”が

 いつもしてて不快なんです

 

このような症状でお悩みでしたら

当院がお役に立てます!

 

お電話やメール、または《公式LINE》

ご予約ください!

 

24時間ご予約もOK!

《あすなろ整体院 公式LINE

是非ご登録ください!

 

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/

 

 


この記事をシェアする

関連記事