こんにちは。

あすなろ整体院

院長 登倉です。

 

腰痛に関した記事を続けていて

《腰痛と坐骨神経痛は同じもの?》

患者様にこんな質問を頂きました。

 

「先生、ギックリ腰って、

要はヘルニアの事でしょ?」

 

確かに

『僕らは知っているけど

皆さんは分からないよなぁ』

 

と気がつきましたので、今回は

ヘルニアとギックリ腰について

記述したいと思います。

 

【ギックリ腰について】

 

《原因は?》

【ギックリ腰】ですが、傷病名では

急性腰痛」「腰椎捻挫」というもので

【ギックリ腰】は通称みたいなものです。

 

原因も様々で

・イスから立った瞬間にグキとなった

・テーブルのリモコンを取ろうとして腰が痛くなった

腰痛にはこのような原因があります

(画像はイメージです)

など、日常動作のあらゆる面で

ギックリ腰の危険は潜んでいます。

 

《なぜ痛くなった?》

日常生活の中で、腰の筋肉に疲労が

少しずつ溜まって行き、それがちゃんと

回復出来ていない状態のとき

 

急な負荷が腰に掛かったため、腰の筋肉が

損傷し炎症を起こして、強烈な痛みを生じます。

 

炎症が治まると、強烈な痛みも落ち着きますが

筋肉の損傷はまだ修復されていないので

『痛みが減った=完治!』

と思って無理をすると、再発する恐れがあります!

 

《どう処置をすれば良い?》

上記のように、ギックリ腰の直後は

筋肉に炎症が起きているので

 

患部の冷却』をして『安静』にするのが

一般的に推奨される方法です。

 

ただ安静にといっても、ずっと寝ていると

かえって回復が遅くなる事が多くあります。

(画像はモチロンイメージです)

 

痛み止め薬など服用したならば

自分の身の回りのことなどを

出来る範囲で、普段の動作を

行う事が必要になります。

 

その後、痛みが落ち着いていったら

患部を『暖めて血行を促す』ようにして

損傷した筋肉の修復をはかりましょう。

 

《注意点》

「ギックリ腰を短期間で何度も起こしている」

「ギックリ腰になると脚がしびれる」

 

という方は、後述する【椎間板ヘルニア】の

疑いも考えられるので、専門医の受診を

考える事も必要です。

 

【椎間板ヘルニアについて】

 

《そもそもヘルニアとは?》

ヘルニアとは

「体内の臓器が本来の位置から

はみ出した状態」

のことを言います。

 

なので、背骨の間にある『椎間板』が

外側にはみ出して起きた症状を

【椎間板ヘルニア】と言います。

 

腰の場合は、腰椎の椎間板で起こるので

腰椎椎間板ヘルニア】と呼びます。

 

《原因は?》

多くの場合、日常生活の中において

椎間板への負担が蓄積して発症します。

 

例えば、長時間の車の運転

重いものを持つ作業など

(重い米袋のイメージです)

 

腰に負担の掛かりやすい仕事や

生活の人ほど発症しやすいと思います。

 

ただ、腰に負担の掛かる事が少ない方でも

ヘルニアを発症する人は存在しますので

姿勢なども注意が必要と思います。

 

《症状について》

腰椎椎間板ヘルニアの症状は

主に『腰痛』ですが

 

『下半身の痛み・シビレ』

『運動麻痺=足が上手く動かない』

『感覚麻痺=足の感覚が鈍くなる』

などが起こります。

 

《注意点》

「安静に腰を休めていても痛みが続く」

「足がシビレていて、つまづく事が多くなった」

という方は念のため【椎間板ヘルニア】を疑い

専門医にて『CT診断』や『MRI』の受診を

考える事も必要です。

(画像はイメージです)

もし【椎間板ヘルニア】でないと診断された

場合には、腰の負担を軽減させるため

 

・コルセットを着けて仕事をする

・ストレッチで筋肉の柔軟性を上げる

・トレーニングで筋力を高め、腰を守る

 

など、椎間板ヘルニアの

予防をしましょう。

 

【最後に】

腰痛も椎間板ヘルニアも

日常生活の体の使い方から

起きる症状です。

 

発症を予防するために

姿勢に気をつけたり

筋肉の疲労を軽減させたり

簡単なことから気をつけていきましょう。

 

「なかなか自分ではストレッチ出来ない」

「腰のケアに自身が無い」

という方は、是非当院へお問合せください!

(画像はイメージです)

 

良い姿勢を取り戻す専門家】

バランスの良い姿勢を得る事で

ずっと続いていた腰痛・肩コリの

再発からあなたを守る

 

オスグッドの短期改善の秘密基地】

 

オスグッドでスポーツが出来ず

悩んでいる選手を再びスポーツに

復帰させる最後の砦になる

 

 

 

あすなろ整体院

 

TEL:045-392-8921

HP:asunaro-yokohama.com/

 

 

 

 


この記事をシェアする

関連記事